看護師が復帰する理由

看護師が復帰する理由

看護師と言う職業は一般の職業と比べて離職率が非常に高い傾向にあります。全国規模の慢性的な看護師不足の中、看護師資格を持っているにも関わらず現場を離れている潜在看護師と呼ばれる方が全国に55万人以上もいるそうです。どうして看護師は離職率が高い上現場復帰しない方が多いのでしょうか。

 

日本看護師協会の調査によると離職理由として最も多いのは結婚や出産、子育てとなっています。これは看護師が家庭と仕事の両立が困難である仕事であることが理由となります。看護師はクリニックなどを除くと勤務時間も不規則な上、シフト制を取っている医療機関が多いことから早朝出勤や夜勤などを行わなければならないケースが多くあります。このため育児を行いながら看護師の仕事を続けていくのは夫や家族の協力が無いとなかなか難しいものになります。このことから離職を選択する人が多くなっているのです。

 

また慢性的な看護師不足による超過勤務や長時間労働も看護師の離職率が高い大きな原因と言えます。超過勤務や長時間労働は慢性的な疲労を看護師にもたらすことになり、その結果大きな医療事故に繋がる可能性も高くなってしまいます。この医療事故に繋がることへの不安を抱える看護師も少なくありません。

 

現在は看護師不足を解消するために保育施設の充実や正職員であっても短時間労働を行える制度を設ける、フレックスタイムの導入など勤務形態を改善して離職する看護師を防ぐ努力を行っている医療機関が増えています。

関連ページ

復帰後のブラン
看護師が長く離れていた職場に復帰してからどうする?看護師が復帰後にとるべきプランについてわかりやすく解説しています。
復帰支援を受ける
看護師が職場から長らく離れていたときに復帰するときは、なかなか面倒な事がたくさんあります。職場復帰の際に受けられる支援について解説しています。
復職セミナーに参加する
長く職場を離れていたのに看護師として復帰するのは結構たいへんな事が多いですよね?看護師の職場復帰を円滑にするべき復帰セミナーについて解説しています。
看護師の復帰後のよくある失敗
看護師が復帰するとき、すんなりいかない事も多いです。看護師が職場に復帰する際にありがちな、よくある失敗ケースについて解説しています。

▲TOP