看護師の復帰後のよくある失敗

看護師の復帰後のよくある失敗

看護師が離職する理由で最も多いのが出産や子育てとなっていますが、長時間労働や夜勤、労働に対してお給料が見合っていない、という不満から離職してしまう人もおられます。またスキルアップを目指して大学病院などに転職したいとお考えの方もおられると思います。

 

しかし看護師の転職や復帰を安易に考えていてはいけません。確かに他の職業に比べて看護師の資格を持っていることで再就職出来る可能性はかなり高いと言えます。しかし病院ならどこでも良いというわけではありません。

 

せっかく再就職してもこんなはずではなかった、という方も少なからずおられるようです。再就職先で失敗した、と思わないためにもまず自分は何をしたいのか、どういう条件で働きたいのか、ということを前もってしっかり医療機関側に提示しておく必要があります。また医療機関側にもどのような人材が必要なのかということを事前に確認しておくことが大切です。その辺を曖昧にしてしまうと入職してすぐにまた転職を考えなければならなくなります。勤務時間や夜勤のこと、そして休日やお給料ことも入職する前にはっきりと話し合っていなければ後々後悔することになってしまうのです。

 

特にブランクがあることを不安に感じている方の再就職の場合はそれらの交渉事を上手く出来るという方は少ないと思います。そのような場合は看護師専門の転職支援会社を利用して交渉事はすべてプロに任せてしまうのが最良の方法と言えるでしょう。

関連ページ

看護師が復帰する理由
一旦職場を離れた看護師が復帰するのはどうして?看護師が職場に復帰する代表的な理由などを紹介しています。
復帰後のブラン
看護師が長く離れていた職場に復帰してからどうする?看護師が復帰後にとるべきプランについてわかりやすく解説しています。
復帰支援を受ける
看護師が職場から長らく離れていたときに復帰するときは、なかなか面倒な事がたくさんあります。職場復帰の際に受けられる支援について解説しています。
復職セミナーに参加する
長く職場を離れていたのに看護師として復帰するのは結構たいへんな事が多いですよね?看護師の職場復帰を円滑にするべき復帰セミナーについて解説しています。

▲TOP