夜勤専門で働く

夜勤専門で働く

入院病棟の勤務では夜勤を行わなければならない場合があります。

 

夜勤は生活のリズムを整えることが困難になることと、家庭や子育てとの両立も難しくなることがあります。このため夜勤のある入院病棟の勤務を行いたくないとおっしゃる看護師さんもおられます。

 

しかし、夜勤は日勤に比べると報酬が高いというメリットもあります。また、夜の勤務は急変以外はあまり動きが無いので余裕をもって仕事を行えるということもメリットになります。さらに病院によっては24時間体制の託児所を設けているところもありますので小さな子供をお持ちの方でも夜勤を行うことが子育ての妨げにならない場合もあります。

 

そこで看護師として復帰する場合、夜勤専門での働き方を選択するという方法もあります。夜勤専門になれば日勤の勤務はありませんし、出勤の回数も日勤に比べて少ないものになります。このため子供と過ごす時間を確保することが出来ますので、復帰をお考えの看護師さんは夜勤専門での働き方を選択するのも良いのではないでしょうか。

 

以前は夜勤専門の看護師さんは派遣やパートといった勤務形態の方が多かったのですが、現在は夜勤専門であっても正規雇用で長期間の勤務を行うことが出来るようにしている病院も多くなりました。夜勤専門で復帰を考える場合は、それが常勤なのか非常勤なのかを入職前に確認しておくようにいたしましょう。ここを怠るとお給料や手当ての面が大きく異なりますので注意してください。

関連ページ

病院以外で働く
看護師の仕事に復帰するとき、病院だけが職場候補ではありません。病院以外で働く勤務スタイルについて解説しています。
治験業界で働く
育児などで忙しかった時期がやっと一段落するとお仕事をする余裕が出てきます。そろそろ看護師として復帰しようかなと思った時、知らないと損をする看護師求人情報を紹介しています。
介護施設で働く
看護師の資格を活かすなら、病院でなくてもこういう職場もあるんです。看護師として介護施設で働くということについて解説しています。

▲TOP