介護施設で働く

介護施設で働く

看護師の資格を持っていながら看護師として働いていない方のことを潜在看護師と呼びます。現在この潜在看護師が全国に55万人もいると言われています。

 

潜在看護師が現場復帰出来ない一番多い理由が仕事と家庭や育児の両立が難しい、というものです。確かに病棟勤務になると勤務時間や休日が不規則になるため小さな子供がいる看護師さんは復帰して働くことが難しくなります。そこで潜在看護師が復帰するための勤務先としてお勧めなのが介護施設です。

 

特に老人介護施設は近年高齢化が進んだこともあってその数が増え続けています。

 

看護師として復帰する職場として老人介護施設を選ぶと常勤のみであるため子育てに支障が出にくくなります。さらに一度現場を離れると勘を取り戻すのに時間もかかりますし、不安も大きくなります。

 

この点老人介護施設なら重篤な病気を持つ利用者の方もおられませんし、スタッフも大勢いるので精神的にも肉体的にも負担がかかることはあまりありません。これがブランクのある看護師さんに老人介護施設がお勧めの理由と言えます。

 

しかし老人介護施設とひと言で言ってもその内容は様々なものになります。施設によっては痴呆老人の介護施設もありますし、リハビリを専門に行う施設もあります。

 

また、痴呆老人の介護施設は夜勤が必要になることも多いので、小さな子供がいて夜勤を行うことが無理な場合は入職前に夜勤があるかどうかを確認しておくことが必要になりますので注意してください。

関連ページ

夜勤専門で働く
看護師として復帰して働くときの、働き方のスタイルで夜勤専門で働くということについて解説しています。
病院以外で働く
看護師の仕事に復帰するとき、病院だけが職場候補ではありません。病院以外で働く勤務スタイルについて解説しています。
治験業界で働く
育児などで忙しかった時期がやっと一段落するとお仕事をする余裕が出てきます。そろそろ看護師として復帰しようかなと思った時、知らないと損をする看護師求人情報を紹介しています。

▲TOP