看護師の復帰スタイル

看護師の復帰スタイル

看護師の働き方は一般的な病院・クリニックだけじゃありません。企業で治験などに携わることや介護施設などの施設で働くなど選択肢はさまざま。

 

以前働いていた状況と現在の生活スタイルなどの変化もあるはず。復帰する際に自分の現在の生活スタイルなども考えて、最適な勤務スタイルもまた変わってくるかもしれません。

 

現状にぴったりの職場で働けるようになるために役立つ情報、様々な勤務スタイルなどを紹介しています。

看護師の復帰スタイル記事一覧

夜勤専門で働く

入院病棟の勤務では夜勤を行わなければならない場合があります。夜勤は生活のリズムを整えることが困難になることと、家庭や子育てとの両立も難しくなることがあります。このため夜勤のある入院病棟の勤務を行いたくないとおっしゃる看護師さんもおられます。しかし、夜勤は日勤に比べると報酬が高いというメリットもありま...

≫続きを読む

病院以外で働く

看護師の資格を持つ方が現場復帰する場合、勤務先となるのは病院だけとは限りません。家庭や子育てと仕事を両立させたいとお考えの方は勤務時間やシフトが不規則になる病院勤務を避けたいとする方も多くおられます。看護師の病院以外の勤務先としては老人介護施設や保育園、学校などがあります。ほとんどが日勤の上、命に関...

≫続きを読む

治験業界で働く

看護師の資格を活かして働くことが出来る仕事に製薬会社での治験業務があります。近年では治験が正しく適切に行われているかどうかをチェックする仕事である治験モニターや、医師と被験者との間で治験が滞りなく進むための仕事を行う治験コーディネーターの求人が多くなってきました。治験モニターの具体的な仕事としては、...

≫続きを読む

介護施設で働く

看護師の資格を持っていながら看護師として働いていない方のことを潜在看護師と呼びます。現在この潜在看護師が全国に55万人もいると言われています。潜在看護師が現場復帰出来ない一番多い理由が仕事と家庭や育児の両立が難しい、というものです。確かに病棟勤務になると勤務時間や休日が不規則になるため小さな子供がい...

≫続きを読む


▲TOP