ゆとりを持って看護に従事したい

ゆとりを持って看護に従事したい

ブランクの長い看護師さんが現場復帰を行う場合、あまり忙しすぎる現場だと精神的に辛くなることが多いようです。また、患者さん一人一人をじっくり看護したいとお考えの方も忙しすぎる現場では不満が残ります。

 

現場がどのような忙しさであるかを事前に判断するのはかなり難しいことになりますが、しいて言えば病床の回転率や病棟の入院日数の平均などで判断すると良いかもしれません。病床の回転率が高いということは入退院する人が多いということになり、それだけ業務が増えて忙しくなったり、患者さん一人一人にじっくり向き合うことが出来なかったりします。また入院数の平均が短い場合も同様のことが言えるでしょう。

 

病床の回転率や現場の忙しさなどを事前に把握したいのなら看護師専門の転職サイトに登録して担当のキャリアコンサルタントを介して調べてもらうのが最も確実で良い方法だと言えます。看護師専門の転職サイトなら以前にその病院に転職を成功させた人から情報を得ることが出来ますし、業界に精通したキャリアコンサルタントが多いので現場の裏事情なども入手することが出来ます。

 

ゆとりをもって看護に従事したいとお考えの方は救急外来などがある病院よりも療養型の医療機関や施設での勤務を選択することをお勧めします。しかしたとえ救急外来などがある病院であっても看護師やスタッフの数が十分に揃っている場合はこの限りではなく、ゆとりを持って看護を行うことが出来る場合もあります。

関連ページ

待遇で決める
看護師として復帰する際に、何を優先順位に求人情報を探すべき?待遇で看護師求人を探すということについて解説しています。
キャリアアップを目指す
看護師としての仕事に向上心をもって取り組みたい!看護師としてのキャリアアップについて解説しています。
仕事と家庭を両立させたい
看護師としての復帰する際に、考えておくべき事項について。仕事と家庭を両立させたい立場からの看護師復帰の求人活動について解説しています。
人間関係の良い職場
看護師としてまた働き始めたいと思って求人活動で、人間関係の良い職場を探すということについて解説しています。

▲TOP