大学病院

大学病院

大学病院というのは大学に付属する病院のことを言います。診療科目や病床数も豊富な大規模の病院がほとんどです。

 

大学病院が他の総合病院と一番異なる点は専門的な研究や技術開発と医師や看護師を育成するための教育を行っているところです。このため大学病院では最先端の医療における手技や看護法を学ぶこと出来る点が大きなメリットと言えるでしょう。

 

頻繁に高度な技術を学ぶための講習会や研修会などが行われていますので今後看護師としてスキルアップを目指してキャリアを積みたいとお考えの方には最適な職場と言えます。

 

しかし、大学病院は病床数が多いことと救急指定病院となっているケースも多いことから看護師の仕事自体は非常にハードなものになります。勤務も24時間体制でシフトが組まれて夜勤を行う必要もあります。このため看護師として復帰した後も家庭と仕事の両立を考えておられる方は大学病院は向いていない職場だと言えます。

 

仕事が終わった後も講習会や研修会に出席しなければならなかったり、自宅でも勉強しなければならなかったりすることになるので時間的な余裕は少なくなります。また、働いているスタッフの人数も多いことから人間関係が難しくなるケースも多く見られます。

 

大学病院の看護師求人情報自体も数が少なく、ナースセンターやハローワークで見つけるのは難しいでしょう。大学病院への入職を希望される場合は看護師専門の転職サイトに登録して紹介を受けることが最も良い方法だと思います。

関連ページ

総合病院
看護師として働くもっとも一般的なスタイルが総合病院、その求人活動するなら知っておきたいことはコレ!
クリニック
総合病院に比べて意外とメリットが多いのが個人のクリック、クリックで看護師として復帰する前に知っておきたいことについて解説しています。
治験コーディネーター
育児などで忙しかった時期がやっと一段落するとお仕事をする余裕が出てきます。そろそろ看護師として復帰しようかなと思った時、知らないと損をする看護師求人情報を紹介しています。

▲TOP