看護師復帰のための勤務先の特徴

看護師復帰のための勤務先の特徴

看護師の仕事と一口に言っても、その職場の組織の形式は様々です。

 

それぞれの組織の特徴と働き方や待遇などはどうなっているのか?それを知っておくことで新しい可能性や、今の状況で復帰するにはどのような組織でやっていくことが一番自分にあった決断も変わってきます。

 

さまざまな職場となる組織の特徴やポイントなどをわかりやすく解説しています。今の生活スタイルにどのような組織がぴったりなのかを考えて見ることも、良い職場めぐり合うには役に立つかもしれません。

看護師復帰のための勤務先の特徴記事一覧

総合病院

総合病院というのは入院設備や内科、外科、小児科、皮膚科、耳鼻科など主要な科が揃っている病院のことを言います。総合病院での看護師の仕事としては外来と入院病棟の勤務に分けられます。総合病院では専門の科に限らず様々な科の看護や手技を経験出来ることがメリットと言えます。総合病院での看護師の仕事は様々な手技を...

≫続きを読む

クリニック

クリニックで働くメリットは何といって勤務時間や休日が決まっていることです。多くのクリニックが日曜祝日を休診にしており、さらに夏季休暇や年末年始休暇もあります。そして診療時間も決まっていますので残業もさほど多くはありませんし、入院設備のあるクリニック以外は夜勤の必要もありません。このため生活のリズムを...

≫続きを読む

大学病院

大学病院というのは大学に付属する病院のことを言います。診療科目や病床数も豊富な大規模の病院がほとんどです。大学病院が他の総合病院と一番異なる点は専門的な研究や技術開発と医師や看護師を育成するための教育を行っているところです。このため大学病院では最先端の医療における手技や看護法を学ぶこと出来る点が大き...

≫続きを読む

治験コーディネーター

看護師の資格を持っているとキャリアにもよりますが治験コーディネーターという仕事に就くことも出来ます。治験コーディネーターの仕事は医療機関ではなく企業での勤務になりますので、土日祝日、年末年始が休みになり、夏季休暇もあります。さらに勤務時間も9時から5時までのような規則正しいものになり、夜勤もありませ...

≫続きを読む


▲TOP